アラビアンモカサナニ ARABIAN MOCHA SANANI

スタバ アラビアンモカサナニ

今日初めて定番豆を紹介します。最初の豆は、ARABIAN MOCHA SANANIです。
昨年まで販売されていたアラビアンモカジャバの大ファンでしたが、それが杯盤?になり、そしてそれからというもののこの豆を注文していました。福井店では3回目の購入で、あとは別の店舗で旅行ついでに購入していました。

このコーヒーは香りが上品なチョコレートのようにほんのり甘く、飲み口が軟らかく、程よいアシディティー、心地よいアロマ、飲み込む時の程よい苦味が程よくじわっと出てきます。アフターテイストの雑味が少なく、チョコレートのような風味を残してすっと消えていく感じです。程よいアシディティーが最後まで残り、さっぱりとした飲み口が特徴的です。独特なスモーキーな味が全体を包み込んでいます。
Blog Rankingに参加してます。。人気blogランキングへ


(Starbucks Japan)
*****************************************************
アラビアン モカ サナニ
風味の分類:エクストラボールド
スパイス、ココア、ワイン、ベリーなどの様々な風味が織り成すエキゾチックな味わいのコーヒー。世界中のバイヤーから注文が集まる、複雑かつデリケートな風味が魅力です。
¥2,100 (250g)
スターバックス アラビアンモカサナニ
コーヒーの産地から・・・・アラビア半島南西端に位置するイエメン産のストレートコーヒー。コーヒーバイヤーたちは、しばしばイエメンの首都であるサヌア周辺の地域で採れたコーヒーを指して、「サナニ」という言葉を使います。
(Starbucks USA)
*****************************************************
Arabian Mocha Sanani
Here’s our most exotic and unpredictable coffee, laden with flavors of deep port wine, berry fruit, warm earthen spices and cocoa. Yemen rests on the Indian Ocean. Sanani refers to the coffee-growing region around Sanaa, the capital of Yemen.
Key term: Exotic
arabian mocha sanani usa
Geography is a flavor You can tell a lot about a coffee if you know where it’s from. Coffees from Arabia are legendary for their berrylike flavors and wine like qualities. Those from Africa are remarkable for their floral aromas and citrusy tastes.

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: アラビアンモカサナニ ARABIAN MOCHA SANANI.

17 Responses to “アラビアンモカサナニ ARABIAN MOCHA SANANI”

  1. パリス より:

    こんばんは、パリスです。
    モカという名前でちょっとした想い出を。
    私の趣味は旅行ですが、以前イエメンという国へ旅行したときモカという港町に着きました。聞けばイエメンは以前コーヒー産出国でモカは一大積出港だったのだそうです。
    ところが現在はすっかり落ちぶれて、昔の面影はまったくありません。
    誇らしげにコーヒー豆をかたどった紋章の商館が、廃屋となって潮風にさらされていました。
    とてもセンチメンタルになった覚えがあります。
    つまらない話でスミマセン。

  2. パリス より:

    すみません、上の文章の補足です。
    今もイエメンではコーヒーを産出していますが、国民の大多数の男性がたしなむという麻薬の葉っぱを生産するために、コーヒーが駆逐されつつあるということでした。

  3. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    以前、広島スタバにコメントいただきましたね!ありがとうございます。
    イエメンですか。実はこの記事を作るときに参考までにモカを調べていたら、ちょうどイエメンがモカで財をなしたという話が載っていました。
    ただ、その記事にはつづきはなく、現在は廃れた街と化したまではなかったです。
    なんともセンチメンタルな話ですね。というか、パリスさんすごいですね。イエメンなんて、地理で習っただけの国ですよ。ちなみに私は地理で埼玉県で5番目に入ったことがありました(もう世界地理は変わってしまってついていけないですが。。。)
    麻薬のためにコーヒーが駆逐ですか。なかなか良い旅行していますね。私は海外旅行にはいついけるかな???たまにはアメリカ以外に行ってみたいです。

  4. パリス より:

    お返事ありがとうございます。
    地理好きの太郎さんのため(笑)にもうちょっとイエメンについてお話ししますと、イエメンは石油が出ないためにアラブ最貧国です。そのためコーヒー豆はすべて輸出に回し、国内ではコーヒーは飲めません。現地ではキジルというコーヒー豆のかすを干して煮出して飲んでいます。
    空港でコーヒーを頼むとネスカフェが出てきました。(涙)
    イエメンは貧しいため近代化が遅れており、アラビアのエキゾチックな雰囲気がよく残っています。
    建物も美しく、時代の感覚を失い、不思議な感覚を味わえます。
    おすすめですよ~♪
    太郎さんのおすすめアラビアンモカサナニ、試してみますね!

  5. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    こんばんは。またまた面白く、興味深いお話が飛び込んできました。
    実は昨日の誕生日パーティーにアラブ出身の方が含まれていて、イエメンも彼の話に入っていました。やはり石油でお金持ちと思いきや、石油は微々たるもんで、貧乏な国だと言ってました。
    発展していない国とか町って、なんともさびしげですよね。私も国内であれば、産業が廃れてしまって廃墟と化した町をわざわざ見にいったことがありました。
    すれ違う人もなんとなく寂しげで、とても私には住めないと思いました。でもそこで生まれ育った方にはそこは祖国であり、離れることのできない土地なのかもしれませんね。
    キジル飲んでみたいですね。地元の方がどんなものを飲んでいるのか興味があります。でもその味を知ったとき、果たして自分はスタバのコーヒーを飲めるのか自信がありません。
    建造物の美しさや違った時代を感じるなんていいですね。私は時間が止まった感覚を覚える場所もたびたび足を運んでいます。
    アラブにもいつか行ってみたいと思います。
    空港のネスカフェ、なんか笑えますね。せっかくモカの国に来たのに、インスタントかよ。。。みたいな。寂しげでますますネタを期待します。
    情報ありがとうございます。
    PS ところで、パリスって名前いいですね。フランスがお好きなんでしょうか?それともパリスヒルトン?

  6. パリス より:

    HNの由来はもちろんパリス・ヒルトンです。あこがれなんです、彼女。
    な~んていったら、きっとみなさんどん引きですよね?(PARISちゃんごめん!)
    フランスのPARISの英語読みです。
    2月頃フランスへ行ってちょっとマイブームだったのもので。
    パリでスタバへ行ったかな?と思い出していますが、あの街には黒いエプロンをつけたギャルソンが魅力的なカフェ文化があり、スタバ風なカフェの記憶がない…?
    あ、思い出しました。リヴォリ通りからちょっと入ったところにあるスタバでレストランの予約の時間つぶしを。
    キャラメルマキアートを頼んだのに、飲んでみたらココアだった(爆)
    フランス語はもう壊滅的にだめなので「もう、いいです、それで」状態でした(笑)
    ロンドンとかニューヨークでもスタバ行きましたが長くなるのでやめておきます。(苦笑)
    そういえばラスベガスにも行かれたのですね。パリスに行かれたとか。(笑)あの巨大なエッフェル塔のある…。私も7月に行きました。泊まったのはパリスではなくウインでしたが。それでビッグショットにも乗られたとか。
    すごい!それだけでもう、尊敬です!

  7. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    へえ。パリスヒルトンにあこがれているんですか。私の知り合いにパリスヒルトンに感じの似ている子がいますよ。良くスタバに来ます。もう付き合いはないのですが、福井に来たころはよくお世話になってました(笑)
    かなりブログに目を通して下さっていますね。そうなんです。ラスベガスというか西海岸を語らせると、おそらく原稿用紙100枚すぐに行きます。
    その位西海岸が好きですよ。
    なんというか私にとって第二の故郷です。いつかきっと住みたいと思っています。夢は会社を持って、サンフランシスコあたりに住みたいです。シアトルでもいいんですが、ちょっと寒すぎるかなと思いまして。。。
    ラスベガスは過去に5回行きました。すべて単なる経由地として。1日だけ宿泊するのに利ようしています。パリスホテルはなかなかゴージャスでしたが、部屋があまり好きになれないです。
    私はパリスだったら、もっともっと安いルクソールでも十分だと思ってしまいます。食事はルクソール以外で食べると思いますが。過去に泊まったのはモンテカルロとルクソールくらいしかありません。次はベネシアンに行きたいと思っています。
    wynnは私が行ったときにはまだできていなかったです。作ってました。車で通ると次々と新しいホテルができ、そして古いホテルも次々と倒産していきますね。とにかく、どんどん生まれ変わるテーマパークです。楽しみ方もいろいろだし、また行きたいと思わせてくれる街ですね。実は、私はトムクルーズのファンなので、レインマンの街を見てみたいと思っていったのがラスベガスだったんです。
    Parisには高校生の時に行きました。シャンゼリーゼ通りを一望できるエッフェル塔から真夜中に弟と2人でみた覚えが鮮明に残っています。フランスはまた行きたいです。
    ニューヨークとロンドンのスタバネタもいいですね。なんか旅行の話をパリスさんと書いていると尽きないですね♪
    これからも仲良くしてやってください。
    今週、シカゴのウェスティンに泊まった時の写真載せますね。スタバをそこでも飲んできました。しかもホテルで無料で出るやつです。

  8. パリス より:

    パリスのHNの由来
    パリス・ヒルトンにあこがれて→×
    フランスのパリにあこがれて→○
    すみません、書き方が悪かったですね。誤解されるのも当然です。っていうか、そんなことはどうでもいいですね。(笑)
    NYに行ったときホテルをシェラトンにしたんですがあまりの老朽化にがっかり。隣接するヒルトンにすればよかったと思いました。
    (パリス、ヒルトンにあこがれる…)やっぱりあこがれてるじゃん(爆)
    NYのスタバの想い出です。ミュージカルを見ての帰り、あまりの寒さにスタバで暖かいコーヒーでも買ってかじかんだ手を暖めながら帰ろうと、シェラトンの近くのスタバに入ったところ、閉店の時間だったんです。「もう、終わりだよ。」なんてすげなくされたんですが、外に出て歩き始めたら、店員さんがお店から出てきて、「別のコーヒーショップがこの方向にあるから行ってみたら?」と声をかけてくれました。なんかあったかい気持ちになりました。
    でも一番お気に入りのスタバはタイムズスクエアが見渡せる比較的狭いお店です。
    夜の眺めがすばらしいので。
    そういえば札幌に行かれるのですね。
    札幌のN43という藻岩山の斜面にあるバーからは美しい夜景が眺められます。とても雰囲気があって素敵ですよ。ネットで簡単に探索できます。でも交通手段はタクシーしかないでしょうねぇ。

  9. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    烏の行水と良くいったものです。さっとお風呂に入ってきました。
    今日はこのコメントで最後にして寝ます。
    しかし、パリスさんは良い経験をいろいろしてきてますね。NYのスタバの話は心温まります。まず、一番驚くのが、パリスさんの情景を文章で表現する力がすばらしいですね。
    情景が目に浮かびます。文才ですね。モカの話にしろ、ミュージカルの後の寒い中でコーヒーを求めるところにしても。
    札幌のN43。インプットしました。ほんとうにありがとうございます。こういうお店は一人で行くのは気が引けるので、好きな人と2人でいけるときがあったらいいなと思います。
    私は今までバーで彼女と2人でというシチュエーションを経験したことがほとんどなく、100回バーに行ったとすれば、2回くらいしか女性と一緒に行かないですね。ちなみにグループとかは別として。
    その位、一人でいることが多かったです。気がつけば一人で過ごした日々が多かったように思います。
    世の中には本当にいろいろな楽しみがあって、こういうネットでの話もすごくいいですね。
    私はニューヨークは良いホテルに泊まったことがありません。かろうじて、ちょっと良いところでは、PENN STATION駅前のホテルに泊まったくらいかな。1泊130ドルくらいだったかな。ほかには大昔にヘラルドなんとかに泊まりました。
    海外旅行のスタイルは本当に地味だし、しゃれたレストランでというシチュエーションにあこがれますが、実際は数をこなしたいという思いもあって、がんばってもグランドセントラルでオイスターを20個食べたり、がんばって、ミュージカルと観たり。。。
    基本的に私のニューヨークの楽しみは街を歩いて、ウィンドウショッピング(本当に何も買いません)をして、美術館めぐりをすることです。
    地下鉄を乗り継いで、1回の短い訪問で何けんも美術館を回ります。前回2004年2月に行った時はMOMAが改装中で、今はOPENしてますよね?MOMAに行きたいです。
    朝・昼・晩とエンパイアからの景色を眺めたり、街を歩く人と会話したり、そんな感じです。
    今度、香港にもう1度行きたいと思っています。香港は行けば行くほど好きになる国に思えます。知人ができたというのもあるけど、新しいものと古いものが渾然一体となって、いろんな姿をみせてくれる香港はすごく奥が深かったです。スタバを全エリア回りながらいろんな香港を見て歩きたいです。
    香港は、地元の人しかいかないような鄙びたお店で、広東語しか通じないお店で地元の味を楽しむ。それがマイスタイルです。10香港ドルもあったらかなりすごいご飯が食べることができますね。
    どちらかというと地元の方の生活をみてあるくのが好きみたいです。アメリカに行ったときも、まずスーパーから旅を始めるのも自分流だし、そこで生活の一部で息をして、そして旅を始めると旅行というよりも生活の一部から始めるから浮かれた気持ちはなくなりますね。
    私の部屋にはRAND McNALLYで買った2枚のラミネート地図が目の前の壁に貼ってあります。1枚は世界地図で、2枚目はアメリカの地図です。この地図の行った場所に手芸やさんで見つけた赤いビーズを貼って行きます。この地図もどんどんいろいろな国になっていくことをいつも夢見て、明日を生きていると面白いです。張り合いが出ますね。
    でも実際は現実は厳しいけど、あそこに行きたい、ここに行きたいと思っているといつのまにかそこにいるということをいつも繰り返してきました。
    アメリカは何度も行ったけど、本当に広い!最近は日本ばかり行っているけど、日本も広い!いろいろといってみたいところが山ほどあって、きりがないです。
    最後に、パリスの件、了解しました。ですよね?パリス・ヒルトンにあこがれるって珍しいなと思っていました。
    布団乾燥終わりました。んでは、寝ます。おやすみなさい。

  10. パリス より:

    こんばんは、太郎さん、パリスです。
    お褒めいただいて恐縮です。そんな文才なんてないですよ。
    それにしてもこのブログ大変な人気ですね。太郎さんの明るく誠実なお人柄が出ているせいだと思います。レスするのも大変そう。
    私は旅行が好きなのでスタバのお話はもちろんですが、太郎さんの旅行についてのお話はとても興味深いし、驚いたことに旅行スタイルも私と似ています。
    現地の人の生活に興味があってスーパーへ行ってみるとか、美術館巡りをするとか。ホテルにもさほどこだわらないところ(実は居住性にはこだわってませんか?)なんかも同じです。
    そしてあまり名所旧跡にはこだわらないのでは?
    NYのお話、懐かしいです。
    2度行きましたがたまたま2度とも一人歩きでした。
    「美術館巡り」しました、しました。MOMAはオープンしてましたよ。
    美術館で一番のお気に入りはFrick collectionでした。ピッツバーグの鉄鋼王といわれたヘンリー クレイ フリックさんのコレクションです。
    彼自身の邸宅が会場になっていて、内容がルネッサンスからロココ、近代と幅広く、センスが良くてとても私好みでした。
    小さなギャラリーなどにもふら~と入ったり。
    ロックフェラービルの前のスケート場で楽しむ人を眺めたり。
    エンパイアステートビルももちろん登りました。
    でも夜ものぼれるって知りませんでした。(笑)
    JAZZ LIVEへ行ったり。毎晩ミュージカルかオペラを見ていました。
    アイスホッケーも見ようと思っていたのですがあいにくスト中でした。
    NYの人ってフレンドリーですよね。よく話しかけられました。
    帰りのイエローキャブの運転手はドレッドヘアーのホームレスみたいな女の子だったですが陽気な感じでやはりいろいろ話しかけてきました。
    「この道はいつも混んでる」とぶつくさいったり私のスーツケースの色を見て「オレンジ色がお気に入りなの?」とからかったり。
    最後に「NYは気に入った?」と聞かれて思わず「とっても」と答えると、「そうでしょ、NYの人はフレンドリーでしょ?」と自慢げだったのが印象的でした。
    香港、いいですね。あの混沌とした活気が好きです。といっても一度しか行ってないですが…。現地にお知り合いがいるといいですね。とっておきのお店なんかの情報も得られるし。街がちょっと違って見えそう。
    うらやましいです♪

  11. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    今日はまだレポート作成が終わってないので、短めのコメントにします。また明日書きます。
    NYCにはまった理由は、たぶんパリスさんと同じ感覚でNYCを捉えていると思いますが、小さなエリアにぎゅっと何でも凝縮されているところです。アメリカの中心地といっても過言ではないNYC。
    最初行った時は驚きでした。何もかもが新鮮で、街を歩いてこんなに楽しいところはないと。
    実は2月はフリックコレクションに行ったんですよ。大雨が降っている日で、MOMAがやっていないのを現地で知ってがっかりしているときに、ガイドブックを見ていて、行ったのがフリックでした。こじんまりしていて、とても美術館という感じには最初思わなかったですが、中に入ってみるとすばらしい作品の数々に心打たれました。あのサイズの美術館はゆっくりできてちょうど良いように感じます。規模で言うならMOMAやMETですが、小さな美術館ではやはりフリックやグッゲンハイムもいいですね。他にもいけるところはどんどん行きたいと思います。
    JAZZの話をふれちゃいましたね・・・。実はJAZZが好きな理由は、私、カクテルが好きなんです。カクテルバーに行くと必ずJAZZが流れてますね。それ以上の詳しいことはわかりませんが、JAZZを聞きながらカクテルを飲むのが好きです。もちろんバーテンダーさんとお話をするのも。
    前回行ったときは2軒のバーに行きました。ガイドブックがないので、名称までは分からないけど、10th street くらいにあったバーでジャズライブを聞きました。
    このお店はチャージがい1杯付で当日申し込みは20ドルくらいだったけど、お店で料理やカクテルをどしどし頼んで、しかもカウンターだったこともあり、なんとチャージをおまけしてくれました。おまけしくれた方にはカクテルをご馳走して。。。そういう規則をちょっとした会話でおまけしちゃう懐の深さ、悪く言えばアバウトなところが好きです。
    それとタイムズスクエア近くにある、地下のジャズバーでイリジウムというお店に行きました。ガイドブックを見て、ライブをやっていることがわかり、聞いたことのある名前の方の演奏を聞いてきました。後で知ったのですが、エレキの生みの親、Les Paulさんでした。
    今も現役でその場所で定演をしています。
    http://www.iridiumjazzclub.com/index.php
    ニューヨーカーのフレンドリーさは本当に驚きました。これぞアメリカだと印象付けられましたね。また行きたいと思わせる魅力は十分にあると思います。
    そうですね。居住性と機能性があればどこでもいいです。なのでモーテルにはまった理由もそこにあります。
    ブログが10年前からはやっていたら、私のブログはきっとアメリカのブログになっていたと思います。ネタはきっと尽きないと思います。
    ブログの運営は大変かどうか?
    実は、ホームページの運営をしていた関係で運営は何とも感じてません。大変かというとそうでもなく、むしろ、日ごろ仕事しか向き合わないので、いろいろな方と話ができるブログの運営は結構大事だと感じてます。
    最後に、名所旧跡。。。
    はい。その通り。でもね、一番好きな場所、実はグランドキャニオンです。明日にでも車飛ばして行きたいけど、この時期はもう寒すぎると思いますね。。。いつかアメリカ横断ドライブしたい。ワイオミング州にあるデビルスタワーをみたいです。映画が好きなんです。。。未知との遭遇の舞台になった場所なんでうよ。パリスさんは知っているかもしれないけど。
    さ、4時まで仕事して寝ます。では

  12. パリス より:

    太郎様←かってに略してごめんなさい。タローといえば、報道写真家のロバートキャパの恋人がタローという名前のフランス人女性ですけど本名じゃなく、当時パリへ留学していた岡本太郎の名前から取ったんだそうです。印象深い逸話なので太郎という名前を見ると思い出します。(余談でした)
    札幌のホリデーは楽しそうでしたね♪
    ちょうどホワイトイルミネーションが始まっているのですね。雪の頃の眺めは幻想的でもっとすばらしいですよ~。
    そのころ私はちょうど東京にいました。
    渋谷にも行ったのですが、東急デパート本店の向かいにあるスタバは私のスタバデビューのお店です。
    日本で初めてか2番目くらいのお店ではないでしょうか?
    友だちが当時近くに住んでいたので、遊びに行ったとき連れていってもらったんです。
    あまりに都会的でちょっとどきどきした想い出があります。
    久しぶりにそこでコーヒーをいただきました。
    やっぱりスタバはおしゃれだなぁ、と思います。ヨーロッパのカフェとも全く違いますし…。合理的で機能的なところがアメリカ的と言っていいですよね。アメリカ的にソフィスティケートされてるって言うか…。
    NY情報ありがとうございます。また行こうかと考えていたので参考にさせていただきます。
    でもなかなかバーとかは女性ひとりでは入りにくいです。(笑)
    グランドキャニオンは初めて7月に行きました。ええ、あり得ない眺めですよね。
    馬とかでキャンプしながら行くツアーもあるとか。そんなのも現実忘れて楽しめそう!
    フリック・コレクションも行かれたのですか?
    隅に置けないですね、太郎さん。
    あそこは本当に素敵です。日本語音声ガイドもあるし。(私、英語が苦手なのでそこのところポイント高いです)
    ではお仕事お忙しそうなのでレスは適当でいいですよ~。

  13. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    もう遅くなってしまったので、少しだけ。
    太郎でいいですよ。それにしてもいろいろ知ってますね。ロバートキャパの恋人がタローだなんて。じゃあ、ブログの中でのパリスさんの恋人はスタバ太郎ということで。。。(笑)
    ホワイトイルミネーション、きれいでしたよ。寒い中だったけど、寒さを忘れてました。
    東急前ということは大きい店舗ですかね?
    あのお店は、日本で1番、世界で1番の売り上げを誇るお店です。横浜シェル店と競ってます。
    都会でのどきどき感ですか。。。いいなあ。パリスさんはちょうど東京にいたんですね。私は来月の2週目に千葉と東京に行きます。
    >隅に置けないですね、太郎さん。
    隅に置かないでくださいね(爆)
    ではお休みなさい

  14. パリス より:

    ブログ上の恋人の太郎さん、こんばんは。(笑)
    親不知は大丈夫ですか?
    このところ偶然にも他の方からも親不知を抜いたというお話をお聞きしたので、抜歯がはやっているのかと…(違)
    朝、会社に行くと真っ先にすることがメールチェックです。
    同じ部内で毎日メルマガを作成している方がいて、内容は普通仕事のことですが金曜日はカジュアルな話題なんです。
    今日はなんとスタバのお話でした。
    名前やロゴの由来、日本での営業は何年にどことか、結構マニアックなことも書いてあったのでびっくり。
    「エスプレッソをストレートで一気に飲み干すのがイタリア人みたいで粋」なんてちょい悪オヤジのジローラモさんみたいでしょ、だって!
    スタバジローラモ。略してスタバジローなんちゃって…。きゃはは。←朝っぱらから暴走気味な私を許して。
    12月の旅行はカラヴァッジョ展が開催されているドイツのデュッセルドルフを中心にクリスマス市が開かれているローテンブルグとか、ケルンなんかを回って来ようかなと。
    でもまだエアーとかとれてないのでかなり流動的です。行けないかも。(凹)

  15. スタバ太郎 より:

    >スタバ太郎の恋人、パリ子さん
    先日はごめんなさい。恋人なんて書いてしまいまして。かなり反省してます。
    今日は、飛ばしてますね。
    ちょっとお疲れ気味では?さては寝不足でナチュラルハイ?
    なんか木曜日に休みって調子狂いますよね。
    ローテンブルグにケルンですか。ドイツは行ったことないですが、名前だけは。
    エアオンだけでも先取りできないと。。。難しいですね。やはり後になればなるほど、見込みなしだし。
    私は今年の年末年始も仕事が多いので、少ないお休みで、九州1周が関の山です。
    実は、私の行っている職場にはすごいものがあります。それはエスプレッソマシーンです。職場の方の一人が中学生以来の珈琲好きで、なんと壊れたエスプレッソマシンをオークションで購入し、修復して使えるようにしたんですよ。
    最初、分解清掃した時には、中からカメムシが出てきたそうですが。。。私は最初の10杯くらいは遠慮しました。なにしろ最初は塩酸だか、なんかの酸の味がしたそうな???カメムシの味が?
    今では大事な朝と午後のエスプレッソタイムを満喫しています。実は、そのお陰で私のスタバに行く回数が減ってしまったのは事実なんですよ。自己負担も結構あるけど、それは仕方ないですね。やはり珈琲は嗜好性の高いものですからね。
    私もイタリア人と同じように、エスプレッソをかなりの頻度でストレートで飲んでます。それはちょうど私にはスモーキーなスコッチをストレートで飲む感覚に似ているように思います。

  16. パリス より:

    太郎さん、こんばんは♪
    なんのお仕事か分かりませんがなんかすごいことになっているらしい…ってコトはとりあえず分かりましたので、あと二つの課題をクリアして、今年はよい年だったと思えるようになったらいいですね!
    また寝不足みたいなことが書いてあったので律儀な太郎さんがコメントに時間を割かれないよう簡単にします。
    ドイツ行き決まりました~。(なんかW杯の話題みたいですね?)
    友だちとお休みが会わず一人旅になります。
    NYのクリスマスは来年におあずけ。
    基本的には電車で移動なので、世界の車窓から ドイツ編になります。
    本当は車が便利らしいですが、ペーパードライバーなので…。
    「日本人OLアウトバーン大暴走!」
    なんて記事になるのいやですから。
    ロマンチックなクリスマスシーズン、絵画とオペラ「冬の旅」楽しんできます!
    もしドイツでアクセスできるようでしたら書き込みしてみますね。現地のスタバレポとか。
    ってドイツ語で分かるの、ダンケシェーンだけですけど(泣)

  17. スタバ太郎 より:

    >パリスさん
    おめでとう。?
    ドイツ行くんだね。いいな。楽しみだね。
    でもすごく寒いかもしれないね。暖冬であることを祈ってます。
    そしてスタバ情報も待ってます。
    今日は眠いので、そろそろ寝ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing