今年読んだ本 2016年

あけましておめでとうございます。今年は大きな節目の年になりますが、3月まで精一杯やって、次の新しい環境でやっていきたいと思っています。

今年も36冊10,000ページを目標に読むという目標を掲げます。

(現在同時進行で読んでいるもの)
● ロバート・A.ワインバーグ(著)武藤 誠、青木 正博(訳)『がんの生物学 大型本』南江堂 90/796ページ
● シーナ・アイエンガー (著), 櫻井 祐子 (翻訳) 『選択の科学』文藝春秋 100/384ページ
● ダニエル・カーネマン (著), 村井章子 (翻訳) 『ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか?』早川書房 100/448ページ
● ダン・S.ケネディ (著)『ダン・S・ケネディの世界一シビアな「社長力」養成講座』ダイレクト出版 136/341ページ
● 戸塚 洋二 (著), 立花 隆 (編集) 『がんと闘った科学者の記録』文藝春秋 90/450ページ

生涯ベスト10と記しているのは、現時点でベスト10に挙げたい本です。生涯に渡って読んでいけば、その時に良いと感じる本は徐々に変化していくものだと思います。

Notice: This work is licensed under a BY-NC-SA. Permalink: 今年読んだ本 2016年.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

:wink: :-| :-x :twisted: :) 8-O :( :roll: :-P :oops: :-o :mrgreen: :lol: :idea: :-D :evil: :cry: 8) :arrow: :-? :?: :!:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing