Category Archives: 96_sake

Heineken

ビール ハイネケン スタバ太郎

最近はめっきりお酒の消費が減ってきました。勉強や読書に打ち込んでいるという理由もあるのですが、昨年長野に8ヶ月出張した際にかなり荒れて飲んでばかりいたのもあって、お酒があまり好きではなくなりました。酔って転んで怪我するとやはりお酒には縁遠くなりますね。

部屋で飲むことも激減しました。長野にいる時はワイン1本は普通に飲んでました。酷い飲み方する時はそとで2本は普通。肝臓が悲鳴上げていたでしょうね。でももう懲り懲り。

今は東京でのんびりと飲むのが多いです。部屋で飲むなら日本酒の場合1.5合が限度、ビールなら1本で十分。ワインは半分も飲めばいいかな。

ところで、ビールの話し。私はビールをそんなに飲まないのですが、飲むなら必ずビールです。発泡酒とか第三のビールなどの類は飲んで美味しくないので、飲みません。ビールはいろんな銘柄を飲みます。もともと日本酒でもワインでもなんでもそうですが、銘柄にこだわらず何を飲んでも美味しいと思います。個性をそれぞれに楽しめるので、アサヒじゃなきゃとか、サントリーじゃなきゃとか、サッポロじゃなきゃ、というこだわりはありません。

でもコーヒーだとスタバなんだけどね。不思議。

でも好きなビール缶のデザインはあるんです。その1つがハイネケン。カッコイイじゃないですか。この緑が。飲み口も軽やかでどのシーズンでもいけます。寒い時期はまったりした、琥珀とかプレミアムモルツとかコエドやエビスがいいですね。ってか、プレミアムビールはなんでも好きです。

これまでにためしたビールは300くらいあると思います。一番多いのはアメリカのビールで200くらい。最近はヨーロッパのビールをいろいろ飲み比べてます。やっぱベルギーのビールが美味しいですね。ドゥシェス・ド・ブルゴーニュなんかは最高じゃないか!ヒューデンガルホワイトも人気出てきておいているお店も増えたけどもね。

まあ、どれも好きだから困ったもんだ。

日本酒はちなみに辛口の方が好き。最近飲んだ福岡県の「繁桝」は最高だったなあ。まだあるけど、ちびちびやってます。ちなみに純米吟醸以上しか飲まないです。量を少ししか飲まないから美味しいのを少し飲めば十分。

スタバでは1リッターくらい飲むんだよ!あははは。

一人飲み会

スタバ太郎 ベルギービール

仕事が順調に片付いていることもあって、部屋で一人乾杯することが多くなりました。美味しいお酒を最高のシチュエーションで飲めるのはいいですね。逆に暗いムードで飲むやけ酒は控えたいです。あれは人生を駄目にしますね。やはり楽しくお酒飲まないといけません。お酒って悪いシチュエーションで飲むと確実に悪い思考にします。これは多分私に限ったことではないと思います。

良き仲間と飲むのもいいし、独りでひっそり飲むも良し。でも私は最近決めているのは良いお酒を少量飲めばいいってことです。時に家飲みではね。知人や職場の方とは1人ワイン2本やら2次会・3次会というようなお調子たっぷり飲み会もいいのですが、独りの時は良いお酒を少しでいいです。本当はナイトキャップで茶色いお酒を1ショット飲むのが好きなんですけどね、長野に来てからは1度も茶色いお酒を飲んでないような。。。

今日飲んだのは、ベルギービール。これは不思議な味でした。ドゥシャス・デ・ブルゴーニュというビール。フランダース地方で作られてるレッド・ビールの傑作だそうです。オーク樽で寝かせて作られたそうで、8~12℃に冷やして飲むのが良いとか。冷蔵庫で冷やして、常温ゴブレットに入れて飲んでみました。やや酸っぱく、甘めの不思議な味わい。ワインに近いような味もします。なんだろう、フランボワーズのようなフルーツっぽい味かな。良く分からなかったんですけど、美味しいビールでした。これ、330mlで1本580円でした。すごく贅沢な味わいですよ。是非試してほしいです。かなり有名なビールなので、楽天などでも購入可能です。

スタバ太郎 にごりレモン

7月に一緒に仕事する外人さんにお土産を買おうと、楽天で一緒に購入。その方とは日本で1週間仕事していて、梅酒が好きということを分かってまして、個人的に梅酒を買っておきました。その序でに「にごりレモン」というものを見つけてしまい、飲んでみました。ロックやストレートでと書かれていたんだけど、なんだか安っぽい感じがして、どうも好きな味ではなかったです。諦めかけていたところ、炭酸で割ったら、これが大ヒット。あっと言う間に飲んでしまいました。6月の暑い時期に酸味の利いたお酒もいいですね。普段は国産レモンで何かお酒を割って飲むのですが、このリキュールは美味しかったです。どこかで見かけたら是非買ってみてください。

ボトルのかわいらしいデザインがいいですね。これにちょっぴり惹かれたスタバ太郎です。

人気ブログランキングへ

ありがとうBar レディージェーン

スタバ太郎
(写真掲載許可を頂いています)このフラワーアレンジは、福井市にある「花屋」さんでお願いしました。すべてという位にお任せで、お店の写真を見せてオーナーさんにお任せしました。みなさん大変喜んでました。有志の方5人でみんなで贈りました。大変大満足です!ご用のあるかたは是非ご利用ください。オーナーさんの柔らかな物腰がきっと貴方の願いを叶えてくれるでしょう。ってか、ohanaya.comって凄いな。普通取れないようなドメインでしょう(笑)

オーナーさんは作ったフラワーアレンジをブログで即公開。発送前に画像で確認できました。なんてまめな方なんでしょう。。。こういう展開の早い方の仕事ってすごいなと感心しまくりです。ちなみにオーナーさんは島さんという男性の方です。イケメン花師って感じの方です。
*******************************************************************
商号 FlowerLabel Inc.
ショップ名 @FLOWER
〒910-0852 福井市松城町12-7 パリオcity1F
TEL&FAX:0776-28-1187
*******************************************************************

1997年12月のクリスマスに開店した千葉のBar レディージェーン。このお店で多くのカクテルを覚えました。あれから13年の年月が流れ、遂にお店が閉店しました。

ここで出会った店長さんを始め、常連さんにはいろいろなことを教えて頂きました。

ありがとう レディージェーン。

最終日の2010年12月31日は行けなかったけど、12月29日の夜は自分でも信じられないほど騒ぎまくってしまいました。ドンペリを開けて、海老蔵状態。。。んなわけないけど、モエエシャンドン開けて、カクテルやウィスキーを心行くまで堪能。

そして隣のラーメン屋で飲みの後のてんこ盛りラーメン。麺ダブルでがっつり行って、

そして会場を移して常連さん2名と一緒にカラオケ大会。5時まで飲みました。ってか、夕方5時から食事会で中華を散々食べた後だったのに、この元気さは一体どこから来てるのでしょうか?二日酔いもまったくなく元気に起きた翌日。

気持ちも晴れ晴れ。というのも店長さんはこのお店を後にして東京ギロッポンの会員制バーで新たな一歩を踏み出す、いわば栄転みたいなもんですから。。。応援してますよ!お店に行くことはほとんどできないですが、またいつかどこかで会いましょう!

飲みの途中にスタバのディスカバリーズを3本飲んだ私。一体私の胃はどうなっているのか。。。パワー充電たくさんして福井に戻ってきました。よーし来年は「動」の年じゃ!動くぞ!やってやるーー

人気ブログランキングへ

winner or loser

先ほど仕事から帰ってきました。帰ってすぐにご飯を食べ、そしてお酒をさくっと飲みました。今日はバーボンのハイボールです。ききます!ビールや梅酒はもうやめます。糖分やカロリーの高いものはダイエットにマイナスですからね。ネットを見て周ると、スタンフォードの方の書いたブログが面白いということで早速見てみました。私はwinner or loserどちらでしょうね?自分の評価は、・・・ご想像にお任せします。
The Big Difference between Winner and Loser (added: Oct. 2004)
(1) A Winner makes mistakes and says: I was wrong
But a Loser says: it wasn’t my fault.
(2) A Winner credits his good luck for winning even though it wasn’t luck
But a Loser credits his bad luck for losing, but it wasn’t about luck.
(3) A Winner works harder than a looser and has more time
But a Loser is always too busy too busy saying a failure.
(4) A Winner goes through a problem and a loser goes around.
(5) A Winner shows his sorry by making up for it
But a Loser says his sorry but he does the same thing next time.
(6) A Winner knows what to fight for and what to compromise on
But a Loser compromise on what he should not and fights for what isn’t worth fighting for.
(7) A Winner says I am good, but not as good as I ought to be.
But a Loser looks down at those who have not yet achieved the position he has.
(8) A Winner respects those who are superior to him and to him and tries to learn from them; But a Loser resents those who are superior to him and tries to find fault.
(9) A Winner is responsible for more than his job
But a Loser says, I only work here
(10) A Winner says “There ought to be a better way of doing it”
But a Loser says why change it, that’s the way it has always been done.
One of life little ironies in the fact that when you finally master a tough job, you make it look easy.
出典: スタンフォード大学Yaniv Konchitchki さんのブログ
(訳文を入れ忘れました)
1. 勝者は間違ったときには「私が間違っていた」と言う。
敗者は「私のせいではない」と言う。
2. 勝者は勝因は「運が良かった」と言う。例え運ではなかったとしても。
敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。でも、運が原因ではない。
3. 勝者は敗者よりも勤勉に働く。しかも時間は敗者より多い。
敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。
4. 勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
敗者は問題の周りをグルグル回る。
5. 勝者は償いによって謝意を示す。
敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。
6. 勝者は戦うべきところと妥協すべきところを心得ている。
敗者は妥協すべきでないところで妥協し、戦う価値がない所で戦う。
7. 勝者は「自分はまだまだです」と言う。
敗者は自分より劣るものを見下す。
8. 勝者は自分より勝るものに敬意を払い学び取ろうとする。
敗者は自分より勝るものを不快に思い、アラ捜しをする。
9. 勝者は職務に誇りを持っている。
敗者は「雇われているだけです」と言う。
10. 勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまくいっていたじゃないか」と言う。
出典: Geekなページ
*************************************************
PS スタンフォードの方とメールコンタクトしてみました。すると意外な答えが。「これ私が書いた文章じゃないんだけどね。面白かったから、ブログでシェアしようと思ってさ」って。Yahoo!とかでも取り上げられてますけど、引用に関する記述なかったから大丈夫かな?って思いました。すぐにコンタクトしたがる私。性格ですねえ♪
スタバ太郎

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ