Monthly Archives: 3月 2012

169回 TOEIC試験の振り返り

スタバ太郎 169回 TOEIC

かなり大失敗しました。惨敗TOEIC受験。

多分850程度かなという感じです。

まずリスニングは前回475より大暴落必至です。会場は明治学院大学の3号館の比較的大きな講義室でしたが、天井が高くて音がこだましてました。福井は天井低くて聞こえ易かったのですが、ずいぶんギャップあるなと思いました。まさか耳が遠くなったのかな?

聞こえないと言えば良いのに日本人してしまったw

フォームはメジャーなのかマイナーなのか分かりません。
Part1ではおっさん5人並んでいるもの
Part7では飛行機に乗り遅れてシンガポールへの到着が遅れるためスケジュール変更がでるってやつです。

振り返ると

リスニング 正直悪夢
Part1 3問は聞き難いだけでなく分からないのがありました。
Part2 3問ミスくらいで行けたと思います
Part3 正直こんなに撃沈すると思わなかったです。あれは一体なんだったのかというほど聞き損じやらまったく耳に入らないのもありました。ちょっと疲れが出たかな。多分10問は間違えたと思います。こんなに分からないのは800の前半でもなかったです。
Part4 やっと慣れ始めたか、割と解けたかな5問ミス程度に収まっているはずです。

リーディング 問題が易しかった?ちなみに問題すべて頭から読んで問題解いていったので、時間ギリギリ。リスニング時間中にリーディングする方もいるようだけど、そういう攻略はスコア出したいがためであって、決められた時間で問題を解くという意味において正しい評価ではないので、やってません。本当は問題を2つに分けるべきと思ってます。
さて。。。
Part5 頭を切り替えて、とりあえず心機一転させて試験に臨みました。ユ・スヨンとの戦いでその甲斐もあって、明らかに間違えたなというのは過去最低だったかも知れません。5個位のミスかな。
Part6 何だか2問は間違えたかな。実は問題はまったく覚えてません。
Part7 2chの書き込みなどを見ると迷ったところの指摘でやはり議論になってましたね。5問程度のミスに収まっているとは思います。

時計ない割に3分残し程度で最後の見直しで3問をきちんと救えて良かったです。ちなみに飛行機に乗り遅れた問題で2つも飛ばしていたので再確認で確実に救えました。

次の試験には以下を守る
・かならず試験前に2回分は模試をやる
・普段通りニュースを聞いて耳を慣らしておく
・Part7対策
・Part1・2・3・4はちょっとはやっておく
・時計をちゃんと持っていく
・30時間は試験対策する。ちなみに今回は20時間くらいでした。
・リスニング試験で聞こえにくい場合はきちんと伝える(恥と思わないようにする)

3/12から3/17までアメリカ人と英語漬けだったのにまったくダメでした。仕事はまあ普通にこなせたのですが、TOEICリスニングと外人との会話はまったく違ってましたw 当たり前か。

実は仲良くなるに連れて、会話がどんどん早くなり付いていけなくなり、独特の言い回しが増えていく一方でいつのまにか、理解しなくとも頷く自分がいました。あんなんではまったくダメですね。なんというか耳からリジェクトしてました。久しぶりに感じた英語疲れです。

また英語への考えも変わってきたので、良い暴落にしたいです。

TOEICが終わってから東京駅の八重洲口まで一目散。iPadを触って、スタバでライトノートブレンドを頂いた。実はTOEIC受験前にもスタバに寄ってライトノート頂いてきました。

ってことでまた明日からTOEIC振り出しです。あ、ユ・スヨンと戦っておいて良かったです。part5が苦手な方にはオススメです。

英単語チェックの視点

iPadからの更新なので、写真を載せられないんです。

まあそれは良いとして、イ・イクフンテキストと戦ってます。今日はPart5の解説読みながら英単語のチェックをしてます。あと1時間やったらビールタイムです。おつまみもあるのだよお。うれしいのだよお。

私が英単語をチェックする上でポイントはただ一点。実際の会話にその単語を話しているかです。文脈で読むことはできても、話を聞いて理解するのと違い自分の会話の中にその単語を織り交ぜて使っているかどうかを確認してます。

その視点でチェックすると使えてない単語っていっぱいあるなと再認識できるのです。私のモットーは英語は使ってナンボ。そして一生翻訳機を用いた会話には興味がないのです。日本語を話していても言葉のミスなど往々にしてあります。英語も同じ。

でもその間違いの中にその人の個性や育ちなども感じることができるのです。すごく大事なことだと思います。たとえ将来テレパシーが可能になっても、私は自分の言葉で相手に考えを伝えたいなと思います。それは目標でもあり、思想の一部でもあるかも知れません。

世界の人と会話する上で英語は一つの共通言語です。本当はスペイン語も話せるようになりたいのですが、まずは英語をもう少し上達させたいと思ってます。まだ日本語でも自分の考えを理論的な組み立てができてないので、英語はもっとダメです。でも思いを伝えるのに英語はすごく楽。単語数は少ないし、難しい言い回しを使わなくても支障がないからです。

日本語の方がすっと気を遣うし、頭に入ってない単語を無理やり使おうとするので、余計に話している内容が変だと感じてしまう。

さ、スタバのVIAを一杯飲んで単語の続きをやりますかね。やっとPart5の解説96番まで終わった。あと1時間で160までは終わらせたいな。そしたら明日からPart6に行ける。もうちょっとがんばろ。終わったらもう1杯スタバのVIA飲もうかな。相変わらずスタバ中毒だなあ。あ、いつか世界のどこかでハワードシュルツに出会ったら私にとってのスタバをちょっとだけ語りたい。そしてありがとうと伝えたいな。

あと、提案もいくつか伝えなきゃ。相変わらず面倒な客だよな。スタバ太郎。いわゆる英単語の「Loyal customer」ではなく、単なる物好きであり、自分の仕事人としての視点でスタバを眺めていることが多いです。全然違う業種だからこそスタバって面白いんだよね。とても中で働きたいとは思わないし、却下されてまうの必至だわなw

祖母の介護とスタバ

今日は東京であるシンポジウムを拝聴した後に千葉に帰ってきた。本当は明日から出社しなければならないのだけど、祖母の痴呆がかなり進んで来たためそのケアを家族代表として付き添いたいと思ったのです。

実は今お世話になっている介護施設からも電話をもらっていて、施設を変えてほしいと言うのです。祖母のヘルパー拒否だけでなくなく、被害妄想が強くなりまして。。。家族で面倒をみているのも私だけなのですが、現実的に私がすべてのお世話をしてあげることは難しいのですが、できる限り祖母が安心して人生をまっとうできる環境を整えてあげられたらと思ってます。そろそろ今の会社も退職して一時的に千葉で生活したいと思ってます。仕事先も見つかってましてね。他にも作りたいものがあるので、それには環境を変えて行かねばならないのです。

千葉に向かう前に20分あったので、東京駅の地下でスタバに寄ってラテを飲んだ。その前には目の前のマックでハンバーガー頬張った。あのアメリカンバーガーの味は悪くないけど、セットメニューはもうちょっと考えてほしいな。ポテト抜いてチキンナゲットにしたら、すげー高価になった。あれなら最初からスタバのサンドイッチにしておけばよかった。久しぶりに後悔した。

そろそろスタバコーヒー豆のストックを切らす!と思ったのだけど、来週からかなり出張が続く。買う必要はなさそうだ。千葉の部屋の掃除もやらなきゃ。下手に広いので大変だなあ。ってか、8年前まで住んでいた時のゴミがそのまま。生活の場所を移すことを考えてきちんと処理しなきゃ。独りで22畳を占有だな。キッチンも作り直したいし、お金かかるなあ。シロモノ家電を福井から持ってきてしまえば済むな。でもITキッチンは絶対に導入したいし、冷蔵庫も買い直しだな。

解きまくれ!イ・イクフンとの対戦 Part5

スタバ太郎 イ・イクフン 解きまくれ

イ・イクフン先生の解きまくれシリーズを手にしたのは2年前だったように思うけど、まったく手つかずのまま福井のアパートに放置したままだった。今回、心機一転福井から持ってきて学習テキストとして解いてみた。Part5は320問ある。ユ・スヨンとの戦いで多くの問題を解くことに少し戸惑いがなくなったので、今回のイ・イクフンとの戦いでは少しマインドを変えてみた。

それは、スピードである。実はPart5は私のもっとも苦手とするパートで毎回試験で8~10問は確実に落としている。しかも1問30秒で解いていたので、時間も掛けすぎである。これではPart7の時間がぎりぎりとなってしまい、Part5の見直しなどする余裕もまったくなくなる。そこで問題を解く時間を制限を付けてみた。

ちょっと甘いが、40問を18分で解く。実際は15~17分で解いていた。ゆっくり解く時間を敢えて設けないで次々解く。正確性とスピードを同時に要求する。とても今の能力ではコンスタントに正解できることはできないと分かって臨んだ。

スタバコーヒーを飲み終えた後に一呼吸して一気に解く。2/26に80問。そして今日160問を一気に解いた。

結果は惨敗。しかも解き終えただけで吐き気がする。余裕などまったくなし。めちゃくちゃ間違えているという思いを抱えるのだ。気分が悪いに決まっている。

でも、この段階は正解数を自分の中で確認する段階ではない。むしろ、何が分かって、何が分かっていないのかを認識するためである。もともとPart5は弱い。それを克服するには徹底的に問題を解いてみる。

そして何で間違えているのかを理解するのが大事である。ちなみにいつもTOEICのテキストを解く時は正誤判定だけして、理解に努めるほど時間を取っていなかった。要は「やりっ放し」である。これでは学習効果は全然期待できない。分かっていながら怠けて何もしてこなかった。

今回初めて正誤判定した後に解説を読んでいる。間違えた所だけに留めたけど正直辛い。こんなに不正解率が高いなんて思いもしなかった。もうちょっとマシかと思っていたけども。でもまあ、このイ・イクフンシリーズの難易度も分からないし、1周目67.5%がどうなのかも判断できない。ただ、これではPart5を5問以内で切り抜けたいなどという甘い考えは不可能なような気がする。

後ほど単語チェックをしよう。まずは間違えた箇所の理解が先決だ。

疲れ切った気持ちにスタバコーヒーが最高だ。勉強というのは辛いものだ。運動に近いのかも知れない。おもしろい勉強もいいけども、基本的に勉強は辛いものなのかも知れない。今ごろ知った。特にこういうテキストを用いた勉強はなおさらなのだろうね。スタバコーヒーのご褒美がないととてもやりきれない。

それにしても2冊目に行っただけでも快挙だ。この調子でPart6・7・1・4をがんばろう。

夕飯はハンバーグ。食後はスタバのコーヒー

スタバ太郎 料理 ハンバーグ

今日は仕事帰りにデパ地下に寄って、ハンバーグの材料を買ってきた。といっても挽肉だけ。他の材料はすべてある。さっさと捏ねて作ってプレートに仕上げた。なぜか、キムチを添えたという。。。パッケージがパンパンに膨れるまで発酵させるのが私流。丁度今日までの消費期限だったので、乳酸菌がしっかり出ていておいしさ抜群でした

食後にはスタバのエスプレッソブレンドを濃い目に落として、牛乳を加えてレンジで再加熱。満腹のまま1時間ほど読書した。さあ、これから英語の勉強しよう。3日間ほとんど手つかずだった。3月の半ばから英語三昧。そして4月後半から半年間、さらに英語漬けの仕事生活になる。ってか、3/18のTOEIC受けるかかなり微妙になってきた。どうか受けられますように。前日には飛行機に乗って東京には戻ってきている筈。さてどうなるかな。