Monthly Archives: 9月 2007

第133回TOEICの課題は健康管理

先ほど第133回のTOEICテストを受験してきました。
一昨日から少々風邪pp_06aを引いてしまいっているので、その影響が少なからずでたようです。リスニングまでは良かったんですが、リーディングセクションのパート7のダブルパッセージに入ってから集中力ががた落ちしてしまいました。他人に迷惑をかけないように滴る鼻水のススル音が部屋に響かないようにしてましたpp_19a
リスニングは過去最高に近いかそれ以上の素点が取れたようです。最近、CNNやAFNなど早目の教材を取り入れていたため、かなり集中して正解数を伸ばせたように思います。しかし最後の最後で全然聞き取れず、設問1つを丸々落としました。しかし、予想素点は、88~91なので、そんなに悪いスコアは出ないと思います。おそらく430~450くらいでしょうかpp_01
(リスニング評価)
パート1: 完璧でした。
パート2: 聞き逃し2問で、その他はばっちり。
パート3: 3問聞き逃しによるミス
パート4: 最後は完全聞き逃しで3問全滅。トータル5問間違い
以前よりもリスニングはよくなったように思います。パート1で結構躓くことがあったんですが、今回は完璧で間違える余地もないほどでした。これは評価したいです。しかし途中で聞き逃しがあったので、集中力に課題があります。TOEICはやはり集中力と諦めによる頭の切り替えをうまくできないとスコアを出せないように思います。
問題はリーディングです。最近リーディングをあまりしていなかったので、やはり点数を落とした感じです。素点は80程度でしょう。もしかするとそれ以上悪いかも。おそらく380~400という感じpp_06a
(リーディング評価)
パート5: 7つ位間違い。
パート6: 1つ位間違い。
パート7: 鬼門のパート7のシングルパッセージで2問。そして最後の2セクションで時間が足りずあてずっぽで回答してしまったので、辛め採点で12個位間違い。
合計で810~850という感じです。うまく行けば、過去最高スコアの830を越えるかどうかという感じでした。まあ、リスニングは割りと満足できたんですが、リーディングは反省材料が多かったです。今後はリーディングセクションをもっと早く解けるように力をつけたいですpp_05

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

スタバコレクション マグカップitem#0077_Boston Architect Mug_CityMug

スタバコレクション ボストンマグカップスターバックスコレクション ボストンマグカップ citymug
実に久しぶりのコレクション紹介です。ボストンマグカップです。先だって知人がアメリカに出張した際に購入してきてくださいました。重いカップなのに本当にありがたいです。スタバ太郎感激ですpp_11a

復活第一弾は、アメリカやカナダで販売されている主要都市の建築物を紹介したマグカップです。このコレクションを主に集めていらっしゃるコレクターさんも少なくないでしょう。発売されてから1年は経たないと思いますが、オークションで30ドル以上ついているものも見受けます。このカップに書かれている都市紹介文を記載しておきます。
City of Boston
Metropolitan Profile
Incorporation date: 1822
Elevation : sea level / high 330′
Land area: 48Sq. MI
Avg. Annual rainfall: 4253 IN.
Avg. Daily temp; Jan., 28.6°F、  July. 73.5°F
Boston is located on the Massachusetts Bay in the eastern part of the state of Massachusetts

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

Read more …

思い続けることの大切さ

あることがきっかけで、きっと自分のものにしたいと強く思い、そしてそれを何年たっても、何十年経っても、ずっと思い続け、それを得ようと努力したことってありますか?私にとってそれは英語でした。いつか片言でも話せるようになりたい。そう中学で感じました。
高校になって、いつか社会で英語を世の中のために使えるようになりたいと思うようになりました。そのままずっと思い続けてきたからこそ、英語とずっと向き合うことができました。今の目標は通訳したいですね。仕事でもプライベートでも、英語を誰かのために役立てたいです。それを強みにしたいです。英語がきっかけで得たもの、そして失ったもの数知れず。損得勘定抜きにこれからも英語は続けたいと思ってます。

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

maccafe

マックカフェ
珍しくスタバ以外のコーヒーチェーンのことを書き記します。今日、大阪での講習会が終わった後に、三ノ宮のマックカフェに行ってみました。駅から歩いて5分ほどの場所にあります。
たまたま今日は神戸空港から羽田に向かう途中にマックカフェがあることを知ったため寄ることができました。マックカフェがオープンしたのは、先月だったでしょうか?すごく期待していきましたが、かなり残念な結果に終わりました。
4階建ての店舗でさすが三ノ宮という場所柄にあって、集客力もありそうです。1階から4階までほぼ満席の状態です。しかし、回転率が良いせいか、レジの前にお客さんはほとんど並んでおらずスムーズに流れていたように思います。お店の雰囲気は茶色、赤、シルバーがここかしこに使われていて、近未来的な印象をもちました。スタバのアーストーンのような落ち着いた感じとは一線を画していました。
2階が喫煙席となっていました。世の中分煙化の波を通り越し、そろそろ飲食店は完全禁煙化の流れの中、いまだに分煙をするところは遅れていると感じざるをえませんでした。しかもマックはファミリー向けのコンセプトなので、尚更分煙というよりも禁煙化した方がいいのではないか?と思った次第です。
客層は中学生・高校生くらいの若い方を中心にして、ヤングファミリーや若いカップルが目に付きました。夕方6時くらいだったので、子供さんの姿はあまり目立ちませんでした。
さて、4階の終日禁煙席に向かいます。
注文したのは、まずはコーヒーを飲みました。開口の大きなカップで上に着く頃にはだいぶ冷えていました。熱いコーヒーではありません。一口飲んで、その完成度の低さに愕然としました。まず、エスプレッソの風味がない。そしてミルクがまずい。まるでベンディングマシーンで買ったカップコーヒー並みです。
そしてフードを食べました。ソーセージの入ったものです。食べやすい商品でしたが、まず値段の割りに小さい。小学生くらいの食であれば、そう不満足でないですが、完全にスナックです。ただし、ソーセージそのものは美味しかったです。
最後にベジタブルスープを飲みました。これは救われた感じです。豆がごろごろ入っていて、豆が好きな私も美味しいと思いました。割と凝っているなと思いました。
食べ終わるまでに10分もかかりませんでした。落胆しましたね。正直。かなり期待したんですが、マックよりも値段は高いし、美味しくないし、満足できるものではありませんでした。スタバのディープローストに慣れている私にはとても好きになれないコーヒーでした。あわせてフードも満足できませんでした。
あれなら、マックでホットコーヒーとホットアップルパイを注文した方がよっぽど良いという印象を持たざるをえませんでした。
今は進出間もないので、それなりに集客もあるだろうけど、マックの別形態でどこまでいけるのか楽しみです。マックファンにとっては、あまり気にならないところなんでしょうか。

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

講習会

明日の昼から講習会があり、大阪に来ました。前泊というやつです
雰囲気を変えてホテルで勉強するのも好きな私です。集中して、短期間で試験合格できるようにしたいです。
明日は、神戸から東京へ飛びます。スタバとマックカフェでも行ってみようかなと思ってます。
昔、マックで働いていたので、マックのカフェ事業進出は気になります。しかもファミリー層をターゲットにしているので、スタバとの競合ではないと思いますが、どうかな。同一地域にスタバとマックカフェがあったとしても、やはり客層もニーズもまったく違うので、そう大きな痛手にはならないでしょうね。ただ、売り上げは少々響くかな?
異空間であることは確かでしょう。コンセプトをしっかり理解して店に行ってみたいと思います。美味しいコーヒー飲めるかな?
「great espresso」 × 「friends」 = Honwaka
本当に美味しいコーヒーを提供しているのか気になります。思わずキッズコンビを注文しそうで怖い(汗)気になるなあ。そしてパンの種類の豊富なことが目を引きます。コーヒー+ちょっとスナック感覚でパンという単価アップをうまくしていそうです。
スタバの落ち着いた雰囲気とファミリー層や若い客層をターゲットにした戦略が全然違った側面を見せてくれそうです。神戸に行こうか恵比寿にしようか迷います。

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

今日から

一人です。自分の選んだ道だから、最後まで貫かないと。
今日も新しい取り組みがうまく行きました。
明日もまたがんばろっと。
面白くないブログですが、今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします。
スタバ太郎
PS コメントは認証が必要になりました。迷惑コメントが海外から1日300件ほど来ていたので、セキュリティを強化しました。

期間限定:Black Apron -Sumatra Siborong-Borong-

スタバ ブラックエプロン スマトラ シボロンボロン
スマトラ産のコーヒーが好きな私には打って付けの味です。さわやかな後味が大変特徴的なコーヒーで、アイスでもホットでもどちらもおいしくいただくことができました。さて、名前ですが、なぜか私には「しどろもどろ」に見えてしまい、スタバの店頭で失笑寸前でした。さすがに店員さんに薦められながら、失笑するのはどうかと思い、堪えるのが大変でしたpp_06a 前に、福井店でお気に入りの店員さんに、ブラックエプロンのコピカンプンを薦められた時に、まさに私はそんな感じになってしまったのを思い出しましたpp_02
****************************************
(Starbucks Japan)
インドネシア・スマトラ島の北部にある村、シボロンボロン。そこに暮らすバタック族の人々が作る特別なコーヒーがあります。
そのコーヒーは「スマトラ シボロンボロン」。スマトラ産特有のなめらかなコクと、摘みたてのフレッシュなハーブのようなフレーバーをあわせ持っている、とても珍しいコーヒーです。
バタック族の人々のていねいな手仕事とコーヒー作りへの熱い思いが育んだ希有なコーヒーです。
人の手でていねいに大切に作られるコーヒー
スマトラ島トバ湖周辺のコーヒー栽培地域では、どの家の玄関先にもはた織機が置かれています。インドネシアのバタック族の女性たちは、このはた織機を使ってウロスと呼ばれる美しい伝統衣装を織ります。ウロスは魂を暖かく保つと信じられています。このウロスと同様、バタック族の栽培するコーヒーにも、何世代にもわたって受け継がれてきた彼らの伝統的・職人的技術が生かされています。
スマトラならではの味わいと独特のフレーバー
このコーヒーをひと口飲めば、生産者たちの栽培へのこだわりを感じてもらえると思います。有害な農薬を使わずに土の手入れをする、ふっくらと熟したコーヒーの実を摘む、摘んだ実を手で洗って豆を選別し、加工場に出荷する・・・その豆は太陽の熱を吸収し、シボロンボロン特有のフレーバーが醸成されます。
スマトラ産コーヒーをお好みの方には、ブラックエプロン エクスクルーシブTMシリーズに新たに加わる「スマトラ シボロンボロン」も気に入っていただけるはずです。スマトラ産に特有のなめらかでクリーミーなコクに加えて、摘みたてのバジルを思わせる香りが特長の、ハーブ系の複雑な風味のコーヒーです。バタック族の人々の土地で収穫されたコーヒーを味わえるスマトラ シボロンボロンは、まさに彼らからの贈り物。その味わいは、みなさまの魂を暖めるものとなるでしょう。
226g \2,000(税込)
****************************************

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ

winner or loser

先ほど仕事から帰ってきました。帰ってすぐにご飯を食べ、そしてお酒をさくっと飲みました。今日はバーボンのハイボールです。ききます!ビールや梅酒はもうやめます。糖分やカロリーの高いものはダイエットにマイナスですからね。ネットを見て周ると、スタンフォードの方の書いたブログが面白いということで早速見てみました。私はwinner or loserどちらでしょうね?自分の評価は、・・・ご想像にお任せします。
The Big Difference between Winner and Loser (added: Oct. 2004)
(1) A Winner makes mistakes and says: I was wrong
But a Loser says: it wasn’t my fault.
(2) A Winner credits his good luck for winning even though it wasn’t luck
But a Loser credits his bad luck for losing, but it wasn’t about luck.
(3) A Winner works harder than a looser and has more time
But a Loser is always too busy too busy saying a failure.
(4) A Winner goes through a problem and a loser goes around.
(5) A Winner shows his sorry by making up for it
But a Loser says his sorry but he does the same thing next time.
(6) A Winner knows what to fight for and what to compromise on
But a Loser compromise on what he should not and fights for what isn’t worth fighting for.
(7) A Winner says I am good, but not as good as I ought to be.
But a Loser looks down at those who have not yet achieved the position he has.
(8) A Winner respects those who are superior to him and to him and tries to learn from them; But a Loser resents those who are superior to him and tries to find fault.
(9) A Winner is responsible for more than his job
But a Loser says, I only work here
(10) A Winner says “There ought to be a better way of doing it”
But a Loser says why change it, that’s the way it has always been done.
One of life little ironies in the fact that when you finally master a tough job, you make it look easy.
出典: スタンフォード大学Yaniv Konchitchki さんのブログ
(訳文を入れ忘れました)
1. 勝者は間違ったときには「私が間違っていた」と言う。
敗者は「私のせいではない」と言う。
2. 勝者は勝因は「運が良かった」と言う。例え運ではなかったとしても。
敗者は敗因を「運が悪かった」と言う。でも、運が原因ではない。
3. 勝者は敗者よりも勤勉に働く。しかも時間は敗者より多い。
敗者はいつでも忙しい。文句を言うのに忙しい。
4. 勝者は問題を真っ直ぐ通り抜ける。
敗者は問題の周りをグルグル回る。
5. 勝者は償いによって謝意を示す。
敗者は謝罪をするが同じ間違いを繰り返す。
6. 勝者は戦うべきところと妥協すべきところを心得ている。
敗者は妥協すべきでないところで妥協し、戦う価値がない所で戦う。
7. 勝者は「自分はまだまだです」と言う。
敗者は自分より劣るものを見下す。
8. 勝者は自分より勝るものに敬意を払い学び取ろうとする。
敗者は自分より勝るものを不快に思い、アラ捜しをする。
9. 勝者は職務に誇りを持っている。
敗者は「雇われているだけです」と言う。
10. 勝者は「もっと良い方法があるはずだ」と言う。
敗者は「何故変える必要があるんだ?今までうまくいっていたじゃないか」と言う。
出典: Geekなページ
*************************************************
PS スタンフォードの方とメールコンタクトしてみました。すると意外な答えが。「これ私が書いた文章じゃないんだけどね。面白かったから、ブログでシェアしようと思ってさ」って。Yahoo!とかでも取り上げられてますけど、引用に関する記述なかったから大丈夫かな?って思いました。すぐにコンタクトしたがる私。性格ですねえ♪
スタバ太郎

是非Blog Rankingにご協力下さい!ありがとう 人気blogランキングへ